クラップス

クラップスはアメリカを中心に大変人気のカジノのゲームですが、他のテーブルゲームと比べると日本ではあまり馴染みがないかもしれません。クラップスは他のカジノのゲームと比べると控除率が低く、プレイヤーにとっては有利なゲームの一つです。クラップスはディーラーとの勝負になりますが、プレイヤーが交代でサイコロを振ることができるという楽しみがあります。ゲームの進行はまず、最初の投げ手(シューター)が2個のサイコロを振るところから始まります。7、11が出れば「ナチュラル」で直ちに投げての勝ちとなり、2,3、12が出れば「クラップス」で直ちに投げ手の負けとなります。4、5、6、8、9、10が出た場合は、投げ手を交代してゲームを続けます。この4、5、6、8、9、10を「ポイント」と呼びます。ポイントの後に7が出て負ける(セブンアウト)までの一連の流れを「シリーズ」と呼びます。賭け方は色々あってやや複雑で、パスライン(Pass line)、ドントパス(Don’t pass)、カム(Come)、ドントカム(Don’t come)、エニークラップス(Any craps)、エニーセブン(Any seven)、ビッグシックス(Big six)、ビッグエイト(Big eight)、ハードフォー(Hard four)、ハードテン(Hard ten)、ハードシックス(Hard six)、ハードエイト(Hard eight)などがあり、それぞれの賭け方で配当や控除率が異なります。用語もいくつか覚えなくてはいけないので初心者にはちょっと面倒かもしれませんが、覚えてしまえばクラップスは社交の場としても大変面白いカジノのゲームです。